家を借りる際、500万集めるのに一苦労

  • 投稿日:
  • by

それまで住んでいた家を出たくなったので(周囲の環境が悪化して来たため)、街の中心部で次の住まいを探し始めました。

大変気に入ったエリアがあり、その中の出物で一軒家の貸家に一目惚れ。でも借りたい!と思っても、その時のわたしは悲しいかな無職。

取り扱っている不動産屋さんに相談すると「500万円くらいの貯金残高証明書があれば、何とかなります」とのこと。そんな大金の貯金は無く、諦めるしかない、と最初落胆しました。

でも、証明書一枚で足りるなら、一時的に口座にその金額があればよいということ。どうにかならないか、と考えあぐね、私よりは羽振りの良い兄に先ず頭を下げに行きました。

でも兄にも、せいぜい100万円くらいしか貸せないよ、と言われて万事窮す!その時ふと閃いたのは、普段不義理をしている叔父です。叔父は隠居の身とはいえ、元開業医。

多分残りの400万円くらい出してくれるのでは。極めて図々しいのは承知の上で、厳しく意見されるのを覚悟で思い切って頼みに行くと、事情を聞いてくれた上で「よっしゃ、わかった!」と承知してくれたのです。

正に地獄に仏、の心境。男気を出してくれたこの叔父のおかげで無事500万円を口座に集められ、その家を借りることが出来ました。

証明書を取った後は速やかに返金したのはいうまでもありません。

今でも叔父には(もちろん兄にも)足を向けて寝ることはできません。