学ぶ先にある返済

  • 投稿日:
  • by

 私は地域の普通高校、私立の専門系大学...と奨学金に頼らざるをえない経済状況の家庭で学んでいました。 

高校では無利子の奨学金を一件、さらに大学では無利子、有利子の奨学金の3件併せて合計4件の奨学金を受けていました。


 もちろん、在学中に借金をしたくないのでアルバイトを掛け持ちをしたり、自分なりに節約をしたりして少しでも負担を減らそうと常に努力してきましたがどうしても、バイトも限られており実習費用や遠征費用、交際費、毎日の通学費用、さらには家族の体調不良からの療養、実家家族の引越し諸費用を協力して負担していかなければならず、賄えない状況が続き、仕方がないと思いながら借金額が膨れ上がりました。

 合計して約800万。奨学生として学んでいた当時はこんなに高額な借金をしていることに自覚が足りなかったように思います。 

夢の国家資格を取得して無事卒業し、仕事をして月約5万の返済をして生活をしています。

しかし私自身体調を崩し経済状況が厳しくなって返済が滞る月もあり、返済が遅れ、利子がさらに膨れてしまうことが現在怖いと思っているところです。