カードと消費者金融のキャッシングが親に知られた件

  • 投稿日:
  • by

就職して1年目。

まだまだ給料もボーナスも少ないのに、お給料をいただくことに浮かれて、食事、ショッピング、旅行など、友人との付き合いを数々こなして、毎月給料は使い切り、足りない分はクレジットカードのキャッシングを利用していました。

しかし、そのキャッシングの30万の枠をも使い切り、消費者金融のキャッシングも50万を契約して、月々2万円づづ返済していました。

ところが金遣いが荒い私の様子に見かねていた両親でしたが、返済が後れたため消費者金融とクレジット会社から督促の連絡が来たらしいのです。

当時は両親と同居していましたから、仕事が終わって家に帰ると、父も母も恐ろしい顔で私の帰宅を待っていました。

「なんで自分の給料内だけで生活しないのか!?」と説教され、カードとカードローンの契約書を見せるように言われ、高い金利に驚いて二度とカードを作らないと約束させられて、親が完済してくれました。


結婚して家庭を持った今でも、私の家計状況に実家の両親の目が光っています。

今でもクレジットカードは作れません。
もちろん消費者金融でお金を借りるなんてもってのほかという雰囲気です(汗)