借りたお金を自分のお金と勘違いして

  • 投稿日:
  • by

人からお金を借りるものではないというのはずっと思っていて友人同士でお金の貸し借りをするとあとできまずくなりやすくまたは友人関係にもひびが入るということよく聞きます。

ですのでどんなに親しい人でもお金の貸し借りはあまりよくないかと思います。

そんなふうに思っていたので、お金を借りるということに抵抗はあったのですが、当時仕事をやめてすぐの時、転職活動中だったのですがあまり貯えもないまま仕事を辞めたため、住まいなどは実家でどうにかなったのですが、普段の生活費が意外とかかってしまい、そんな中でも仕事がきまればどうにかなるだろうとお金をどんどん使い、結局しばらく仕事が決まらなかったので、お金に困りました。

お金がないとどうしようもなく軽い気持ちでカードでキャッシングをしたのですが、キャッシングもそのときは銀行のATMと思い自分のお金かのように使用していたような気がします。

そんなふうに使用するものだからすぐに限度額いっぱい借りてしまい、すこし返すとまた借りてと繰り返しなかなか借入額が減らず困りました。

結局は仕事が決まりお金を使わない、借りないで一気に返していきそれからはキャッシングはやめようときめました。