買い物、ギャンブル、キャバクラ。安易な借金をした結果の末路

  • 投稿日:
  • by

始まりは20歳の時、

初めてクレジットカードを作った時である。

とある量販店で勧められ

『まあ、一枚くらいあってもいいだろう。』

という軽い気持ちで契約書に必要事項を記入した。

数日後、クレジットカード会社から届いた文書には

【上限金額 50万円】

と記載されていた。

借金に対する危機感が薄かった私は、まるで貯金を下ろすかのようにクレジットカードで買い物をした。

一時の物欲でその後数年に渡って返済に苦しめられることも考えず・・・。

まだお金に対する危機感が薄かった私はさらに消費者金融に手を出す。

買い物、ギャンブル、キャバクラ、借入金額が上限に達するのは時間の問題だった。

お金が無いにも関わらず欲を抑えられなかった私はさらに1社申し込み借金を増やしてゆく。

もう病気である。

現在、一日も早い借金完済を目指し仕事を掛け持ちしながら日々生活を送っている。

毎月返済に追われ減らない元金とにらめっこする生活から早く脱したい。

借金は恐ろしい。

いき過ぎた借金は人の精神をも蝕む。

そしてなにより恐ろしいのは自分の金銭感覚である。

この経験を活かし二度と借金はしないと心に誓う。