私が30代になると親も高齢となり、そろそろ結婚をしないかと顔を合わせるたびに苦言を呈されるようになりました。

「早く孫の顔が見たい」とか「新郎の両親として結婚式に出てみたい」ということを実家へ戻ると言われるのです。

これまではのらりくらりとかわしてきたのですが、給料日前に友人の結婚式が続けざまに行われることになりまして、30代ですからご祝儀として3万円は包まないとならず財布が寂しい状態だったのです。

私は雑貨屋をしています。それで仕入れの時にはタイまで飛行機で行き買い付けをしなければなりません。

普段はその買出しの時のお金はきちんと貯めてあるのですが先月、ちょうど私が交通事故をしてしまいその交通事故というのも私が全面的に悪く、保険代も相手の保証は出るものの自分の保証が出ないものでした。

私は車がないと生きて行けない地域に住んでいますので全損してしまった車を購入する必要がありました。

卒業旅行のため

  • 投稿日:
  • by

私は友達と二人で海外旅行をしたいために実姉にお金を借りました。

仲良しの友達と卒業旅行に海外外旅行計画は前々から立てていたました。二人とも同じ学校の英語クラスだった事もありそれぞれ家の方向は違うのですが学校内で仲良しになり意気投合。

計画を実行するために学校から帰るとアルバイトをする事にしました。彼女はもともと家から毎月お小遣いを貰っていたので旅行のための準備などにかかる費用は足りていて親からの旅行のためにとお金を貰えると話していました。

大学院進学の費用

  • 投稿日:
  • by

私は大学院への進学が決まったのが遅かったため、奨学金を受け取るまで入学金+授業料が払えないという事態を招きました。

元々実家は裕福ではなかったため、奨学金を借りるからお金は要らないと言ってしまったため、入学後に受け取るのは想定外の事態でとてもこまりました。

しかしその事態を知った姉が姉の旦那と相談し、一時的に入学金+授業料を貸すということで姉の旦那に借金をしました。

学ぶ先にある返済

  • 投稿日:
  • by

 私は地域の普通高校、私立の専門系大学...と奨学金に頼らざるをえない経済状況の家庭で学んでいました。 

高校では無利子の奨学金を一件、さらに大学では無利子、有利子の奨学金の3件併せて合計4件の奨学金を受けていました。


大学時代の奨学金

  • 投稿日:
  • by

私は大学生のときに日本学生支援機構から奨学金を借りた経験があります。

借りた理由は家の経済状況が悪くなり、4年間学費を払うのが難しくなったからです。日本学生支援機構という正式な機関とはいえ、最初はお金を借りるということに抵抗がありました。

何度か奨学金の説明会に参加しましたが、金額的には数百万円の大金を借りることになるため、もし就職できなかったらどうしよう、ほんとに全額返済できるのかと不安でした。

私は以前多額の借金をした経験がございます。

それが車を購入するためです。車の購入ならよくある話だと思いますが、衝動的に購入してしまったのです。半年前ですが、学生時代からどうしても乗りたい車を発見しました。私はその時の手持ちが全くなく、とりあえず銀行にある有り金全部を頭金として車をキープしてもらいました。

それは今から10年以上も前このとでした。勤務先の給料が減ってお金に困っていた私は、当時、駅前にあった武富士の無人操作の機械を使って融資の申し込みをしたことがありました。

 しかし、実際にそこへ行ってみると、申し込みのためには必要書類などを取りそろえることが必要でした。そこで忙しい時間の合間を縫って書類をそろえ、出直しました。

インターネットでお金を簡単に投資してお金を稼げないかと考えて、FX外国為替投資を始めました。


最初は良かったのですが、予想をはるかに上回る円高についてゆくことができず、最終的に全ての貯金を失ってしまいました。

でも生活をしてゆかねばならず毎月の支払いもありましたので、新生銀行のレイクでカードローンを申し込み融資を受けました。

借金で家賃も払えず家を追い出され・・・

  • 投稿日:
  • by
私は25の時に大変な借金をしてしまい、 返済がどうにもならなくなって苦しくてどうしようもありませんでした。 まず 家賃が支払えなくなり、家を出ないといけなかったのですが、 寮付きの仕事場なら仕事も住む場所も確保できるので急いで応募したら、 かなり地方の工場に配属されることになり、 仕事は書き切れないほどのきつい場所で足は疲れるは、 労働時間は何しろ長くて心が折れそうになった時が何度かありました。 他にお金を借りれる消費者金融があればよかったのですが。